ps_about_zack

ABOUT ZACK

about ZACK

ZACKとは

ZACK社は1985年に創業者であり、現オーナーでもあるドイツ人のベルント・マカロウ氏によって、ドイツのオシュテインベックで設立された、ステンレス製ハウスウェアの専業メーカーです。英語圏の国では「ザック」と発音されることが多いのですが、本国ドイツでは「ツァック」と発音します。
早くからその独特の思想に基づいたデザインが知られ、およそ20年経った今日では、ステンレス製デザイン・ハウスウェアの著名なブランドの1つとして、主にヨーロッパと北米で広くリスペクトを集めています。

ZACKの持つ思想とは、日常の生活空間の中に、シンプルな「美」というものを実現すること。奇抜なデザインを主張するのではなく、使いやすいこと。きちんと長く使えること。そういったごく当たり前のニーズに応える高い品質を追求することで、さりげなく個性を主張できること。巷に溢れる汎用品にはない、確かな物づくりへのこだわり。ドイツの持つ堅実な思想と伝統。一目見た時、ふと手に取った時に、それらが実感として感じられるのがZACKのデザインです。
そのオリジナリティと品質へのこだわりが評価され、欧米の著名なインテリアショップやデパート、ホテルチェーンやレストランなどで、プレステージ性の高いハウスウェアブランドとして、確かな地位を築いています。

ZACKの製品ラインは、バーアイテム、カフェアイテム、キッチンウェア、テーブルウェア、リビングウェア、オフィスステイショナリー、バスルーム=トイレットウェア、ファイヤーツールなど、大きく8つのカテゴリーで構成され、「Follow Your Style」のスローガンの元、ライフスタイル全般をフォローするラインナップを揃えています。
毎年、春と秋の2回、2月にフランクフルトで行われるアンビエンテ(AMBIENTE)と、9月にパリで行われるメゾン・エ・オブジェ(Maison&Objet)で新作が発表されますが、その独創的で完成度の高いブースデザインは2004年にADAM AWARDを受賞して以来高く評価され、常に多くのバイヤーやメディア等の訪問客でにぎわっています。

ヨーロッパに数あるインテリアグッズのメーカーの中で、ZACKがZACKらしい、一目見て「ZACKのデザインだ」と分かるようなユニークなデザインを保持し続け、評価されているのには理由があります。
ZACKの全てのアイテムは、社内のインハウス・デザイナーによってデザインされているので、デザイン、コンセプト、思想にブレがないのです。 これは次々と話題のデザイナーを採用したり、コンペティションで新しいデザインを募るといった、近年のヨーロッパのメーカーのトレンドからすると、とても特徴的な試みであり、もっともZACKらしい点であると言えます。

Designers

ZACKの専属デザイナー

pf02
ハイコ・リンケ (Heico Linke) 現 代的なライフスタイルに息づく「バウハウス」。 ハイコ・リンケ氏は、同じドイツ人として、バウハウスの多大な影響を、もっとも強く受けて育ったプロダクトデザイナーの一人です。

多くのドイツ人と同様、 戦後のドイツで、ごく当たり前のようにバウハウスの生みだしたプロダクトや合理的な精神に囲まれて成長したリンケ少年は、大人になるにつれ、現実としての 工業デザインに次第にのめり込み、1974年にハンブルグ大学の工芸学部を卒業すると、自身の設計事務所を設立し、数多くの建築やプロダクトのデザインを 手掛けてきました。

1995年にZACKの創業者であり現オーナーでもあるベルント・マカロウ氏と出会い、ZACKに自前のプロダクトデザインチームを発足させて以来、自ら そのチーフデザイナーとして全体を統括しています。
彼のデザインこそが今日のZACKのデザインであるとも言え、マカロウ氏の全幅の信頼の元、毎シーズン の新しいコレクションを発表しています。

彼のデザインしたプロダクト全てに一貫して見られる、徹底したミニマリズムを具現化したデザインは、まさに現代におけるバウハウス的解釈を求めた結果、生 み出されたものと言えるでしょう。 「ステンレスという素材の持つ良さをいかに引き出すか」。
彼のデザインは常にその一点から始ま り ます。 また彼は、エットーレ・ソットサスと彼のメンフィス・グループの持っていたようなプロダクトデザインにおける「遊び心」をとても大切にしています。その2 つの大きな流れが彼と彼のチームの中で融合し、今日のZACKのデザインテイストを形成しています。

 

ギーザ・ミーダー (Gesa Meeder)

その製品、その素材 を、何度も繰り返し見直していくことで浮かび上がるオーセンティックなデザイン。
ZACKのもう一人のチーフデザイナーがギーザ・ミーダーです。 彼女のデ ザインは女性らしく、形式美と機能美の調和を必要最小限のデザインの中で実現することを特徴としています。 無駄のないシンプルなデザインで、使いやすく、 親しみやすいこと、そして美しいこと。それが彼女がZACKの中で目指すデザインの基本的な思想です。

1996年にハノーバー応用科学芸術大学のメディア デザイン学科を卒業した彼女の卒業論文は「モバイル・バスルーム」。それをひっさげて入社したアドルフ・バベルのデザイン事務所で、彼女のバスルームデザ インのプロフェッショナルとしてのキャリアはスタートしました。 彼女が参加したプロジェクトの中でも、ヘッシュ(HOESCH)社と共同開発したバスタブ「ZERO」は、世界各国で国際的なデザインアワードをいくつも 受賞するという輝かしい成果と経験を彼女にもたらしました。
2000年にZACKの専任デザイナーに就任して以降、主にCONTAS、CIVIO、 FOCCIOといったシリーズを中心にデザインを担当しています。

pf03

 

pf04
アレクサンダー・ジベルト(Alexander Sibbert,) 「機能美」に対するデザイナー各個人の解釈を尊重すること。
アレクサンダー・ジベルトは2007年6月からZACKデザインチームに加わったもっとも新しくて若いデザイナーです。

彼 はギーザと同じ、ハノーバーの応用科学芸術大学のポール・シューデル教授とイネーク・ハンス教授の元で工業デザインを学んだ後しばらくの間、拠点をパリに 置いて、革新的なツインファイヤーで話題となったクセオース(XEOOS)シリーズのストーブなど、フリーランスのデザイナーとして数々のプロジェクトに 参加してきました。
また、ドイツを代表する食器やベースのブランド、レオナルド(LEONARDO)では数えきれないほどのプロダクトを 手 掛けました。

今彼は、そうした数々の国際的なプロジェクトで培った経験や、ガラスや陶器を扱ってきたノウハウで、ZACKに新しい風を吹き込んでくれています。
彼の豊富なデザインのボキャブラリーと、彼独特の文体で解釈する美意識は、ハイコとギーザが創り上げてきたZACKのデザインの中で化学反応を起こして、確実にZACKを次のステージへと導いています。

 

LINEで送る
Pocket